history
みかわやの歴史

レストラン『みかわや』の小さな歴史は、日本の壮大な文明開化の歴史のひとコマです。創業時の姿は浮世絵師:四代広重の「銀座繁昌之図」の中にも描かれていますが、現在の銀座通りにある「和光」のとなりに位置していました。創業者の保坂芳次郎がそこに「三河屋食料品店」として開業したのは、明治20 年(1887 年)9 月のことです。彼は、徳川幕府300 年に仕えた三河出身の保坂一族の末裔でした。

後継者の保坂幸治は、明治末から大正、昭和にかけて文化人として激動の時代を生き抜きました。彼は銀座連合会会長として、銀座の変革と再興にかかわりました。

※旧店舗外観

現在の『みかわや』は、終戦の混乱の中で元社長の渡仲豊一郎が先代より三河屋を受け継ぎ、現在地に『フランス料理 みかわや』として再興したものです。横浜ニューグランドホテルの初代料理長のフランス人S. ワイルは、「日本のフランス料理人」といわれ、フランス料理の真髄を日本に伝えました。渡仲豊一郎は、S. ワイルからフランス料理の” 技と心” を直伝された数名の中の一人です。

今や東京には、世界のあらゆる超一級品が集まるようになり、経済も「規模」から「質」へと変わりました。味覚の原点は「シンプルさ」の中にあり、楽しさはそのハーモニーが作り出します。余分なものはそぎ落とし、食する者と作る者とが、その一皿を通して「味の深淵でかよい合える時」、それは至上の喜びです。

※現店舗内装